認証ブランドのご紹介

001 唐津自然薯

001 唐津自然薯

ささき農園

 唐津自然薯の歴史は古く、江戸時代には殿様への献上品として納められていた事が、「唐津拾風土記」に記されております。また、唐津くんちでは今でも秋の味覚として自然薯料理が振る舞われています。
 明治時代には夏目漱石「吾輩は猫である」にも登場し、唐津出身の方よりおみやげに頂いた唐津の自然薯を泥棒に盗まれるエピソードがでてきます。このエピソードは、股野義朗という漱石の親友がモデルになっており、三井三池炭鉱の重役だった股野さんが、唐津の炭鉱王高取伊好と会い自然薯を食し、おみやげに持って帰ったのが元になるストーリーのようです。
このことから、明治時代には唐津の自然薯が東京へ送られ高値で取引されていたことが推測されます。当時送られていた自然薯は天然の薯でしたが、農地の開発や猪の増加等により数が激減しそれとともにその知名度も消えていきました。
 

001 唐津自然薯

 現在ささき農園では唐津自然薯を天然の自然薯に近づけるため、無農薬、無化学肥料で育てることに成功し、この唐津自然薯をもう一度全国へ発信したいと考えております。

 また、唐津旅館組合様に唐津薬膳鍋で自然薯を使って頂くと共に、各旅館や和食、洋食の飲食店様15軒程で自然薯のお料理を出して頂いております。

 

希望小売価格:贈答用 4,500~10,500円/㎏

       業務用 3,000円/㎏

 賞味期限等:冷蔵保存30日

 

ささき農園

〒849-5104 唐津市浜玉町渕上1247

TEL 090-5293-2502

FAX 0955-56-6017

Copyright©2013 The Building and Promotion Council of Karatsu Brands. All Right Reserved