認証ブランドのご紹介

021 薫るゆずごしょう

021 薫るゆずごしょう

高添 信子

 厳木特産のゆずと我が家の畑で栽培する唐辛子を使用しており、ゆず本来の味と香りを楽しめる手づくり食品のゆずごしょうです。塩もミネラルが含まれるこだわりの塩を使用。また、唐辛子をペースト状につぶすのではなく、少し形を残して食感を残しているのが我が家の特徴です。これまで販売してきたのは、辛味が強い「赤」とゆずの香りがさわやかな「青」の二種類です。加えて、唐辛子の中でも黄色に実る品種を導入し、「激辛・黄」のゆずごしょうを開発しました。

 厳木町ではもともと、柑橘栽培の中でも特に温州ミカンの生産が盛んでしたが、昭和40年代後半の頃から、過剰生産による価格暴落で栽培面積は減りました。その後、地域やJAを通して、これまでのミカン栽培技術を活かし、新たな特産品として香酸柑橘の推進・導入が行われました。果樹でも手のかからない柚の栽培が広がっていました。昔から山間部の保存食として「ゆずごしょう」が厳木の家庭の味として作られており、道の駅厳木・風のふるさと館の建設を機に販売されるようになりました。

021 薫るゆずごしょう

 厳木道の駅では、設立当時から地区の家庭の味として5~6件の出荷者があり、それぞれ製法や味に特徴があり、売れ筋商品となっています。お客様はリピーターが多く、我が家独自のお客様から注文を受けており、要望に応えて生産量は少ないながら激辛の黄色を商品化しました。厳木の味となって、料理の素材を引き立たせる薬味としてお刺身、味噌汁、鍋物等で活用されています。我が家でゆずごしょうの販売を始めたのは昭和62年、義母から受け継いだ高添家の味をしっかり残しながら、できるかぎり減塩し辛味を引き立たせる工夫をしています。

(希望小売価格)

 大(80g):435円

 小(60g):325円

 黄小(50g):325円

(賞味期限)  4ヶ月(冷蔵)

薫るゆずごしょう

〒849-3114

佐賀県唐津市厳木町浦川内671

TEL 0955-63-4390

FAX 0955-63-4390

Copyright©2013 The Building and Promotion Council of Karatsu Brands. All Right Reserved